色紙に参加しましたよ。

 長らく「ネット小説シリーズ(仮)」と、世を忍ぶ仮の名前で生きてきたレーベル名も無事に決まり、やおろず弐からは新しい名前が帯やら本体の背やら、あちこちに登場します。
 ああめでたやめでたや。応募してくださった方はセンスが良いなあ、わたしにはこんな素敵な名前は思いつかないよとしみじみ喜ぶ今日この頃、部屋が片付いていないという駄目丸出しの理由でなかなか手をつけられなかったサイン色紙にようやく参加しましたよ!

 何の話かと言うと、レーベル名をつけてくださった方へのプレゼント色紙です。
 ネット小説シリーズ(仮)の参加作家さんとイラストレーターさんがそれぞれにサインをした巨大な宝物です。
 これは部屋を清めなければ広げられない。と心の底から思ったため、掃除をしましたともホコリをはらいましたとも。そのぐらい輝いておった……なんかもう真剣にまばゆかった……。

 面白かったのが、作家さん(この場合小説を書いた方々)たちのサインのつつましさ。
 なぜ面白かったかって、そりゃあもうもっのっすっごくその気持ちがわかるからです。だってさ、隣にはイラストレーターさんの輝ける生絵があるんだよ!? しかも自分が省スペースに徹すれば徹するほど大きく絵を描いてもらえるじゃないですか!!


 そりゃあ存分に場所を空けるさ。
 そりゃあサインもシンプルになるさ。
 わかります! みなさん、その気持ちすごおおくわかります!!

 ……と、色紙を前にグッと拳を固めずにはいられませんでした。ものすごい同志感。(勝手に)

 いやあ、しかしキラキラと輝いておった……生絵ってすごいな。つよいな。感動しました。
 色紙は各作品ごとにスペースが割り振られていて、やおろずチーム(と勝手に連帯感を味わう)は私が先にサインをすることになったため、裕龍さんの生絵を拝見できなかったのが唯一残念でしたが、先にサインをするものとして初期プリクラの枠を作れたのでそれなりに満足です。

 みなさん覚えてますか初期プリクラ。の枠。ええ、わたくし落書き大好き古戸マチコですので、存分に落書きさせていただきました。大丈夫、枠だからスペースはいっぱい残してある。しまったなぁ……青汁でカンパーイとか一方的にネタ振りをしてバトンタッチする予定だったのに、いざ本番になるとチキンハートが邪魔をして無難に終わらせてしまった。あと枠に徹しすぎて、うっかりサイン忘れるところでした。名前書け名前ェエ!


 さて我が家に届いたのは本番用の色紙が一枚。そしてもう一枚、試し描き用の色紙がありました。そこに連ねられていたのは、作家さんとイラストレーターさんからの、編集Yさんへの感謝と祝福のメッセージ……。あああそのエエ話、私も乗ったァア!! というわけで、日ごろからYさんに感謝してもし足りないわたくしめもそのメッセージに参加させていただいたのでした。ええ話や……(ホロリ)。レーベルの皆様はみんなええ子やで。なぁ、アンタ……?(縁側)

 で、その試し描き用の方ならば一足早くブログに載せてもいいだろうと勝手に判断いたしまして、わたしが描いた部分だけ以下に掲載しておきます。

愛の寄せ書き(私ver.)
[PR]

# by heijituya | 2009-03-10 21:53 | 雑談など  

アイドンノーウ。

 以下、ネット小説シリーズ(仮)ブログこちらの記事より引用。

>「やおろず」2巻をご購入予定の方、帯は捨てずにしばらく持っておいていただくと、
>もしかしたら良いことがあるかもしれません。
>まだ未定なのですが、もしかしたら…。


友「帯を取っておくと何があるの?」
「知らない」

 いや、今思えば訊く機会はあったんですが、うっかりと尋ね忘れてのう……。
 というわけで、わたしも何が起こるのか知りませんが、とりあえずやおろず弐の帯を取っておくと何かあるかもしれないそうです。

 あと、
友「『妖怪さんいらっしゃい』がすごく気になるんだけど……どんな話?」
「知らない」

 ……すみません……。(いやプロットは作ってあるんです! まだ書いてないだけで!!)
[PR]

# by heijituya | 2009-03-09 22:59 | やおろず  

やおろず弐の書影でたよ。

やおろず弐 でこぼこな恋、始めました。

古戸マチコ / イースト・プレス

3月23日発売!



 Amazonさんでやおろず弐の書影が出ましたよー。
 各ネット書店さんでの予約受付ページはこちら。

 さて、ピンクだピンク! と、動揺してしまった装丁はネット小説シリーズ(仮)ブログのこちらの記事で、一足早く確認できます。
 あんまりピンクピンク言い過ぎましたが、怪しげなアレではなくて春爛漫!ですからね!
 本当にこの言葉がぴったりです春爛漫。はちきれんばかりの春パワー! 帯の緑も山桜みたいですごく合っていますよー。

 せっかく記事を投稿するのに情報だけでも寂しいので、やおろず弐の製作裏話(?)でも。

小ネタですがどうぞ。
[PR]

# by heijituya | 2009-03-02 20:04 | やおろず  

予約受付中のネット書店情報

 検索してみたら、結構あちこちのネット書店さんで「やおろず弐」の予約受付が始まっていました。
 Amazon
 e-hon
 セブンアンドワイ
 楽天ブックス
※それぞれ「やおろず弐」の商品情報ページに飛びます。
(各書店トップページはこちら→ Amazon / e-hon / セブンアンドワイ / 楽天ブックス

 考えてみれば、もう発売日まで一ヶ月ないんですよね。早いなー。
 私のほうの作業はもう全部終わりまして、後は出来上がるのを待つばかりです。

 ところで以前「なんか後書きのページ数がたくさんあるよ」と書きましたが、いろいろとありまして結果的に3ページに落ち着きました。ちょっと物足りない気がしないでもありませんが、よく考えたら3pぐらいが普通でしたね。いやワルプルギスん時多かったんで……。
 やおろず1巻ではボケるスペースもありませんでしたが、今回はギリギリボケが入っているような気がします。たぶん。ちゃんとボケになっていれば。

 わたしは後書きをなんだと思っているのでしょうか。
 フリースペースか。ボケのフリースペースなのか。
 ツッコミは各々でよろしくお願いします。もはや化石のごとく懐かしい存在となったハリセンとかで。(最近ホント見ませんねハリセン……)
[PR]

# by heijituya | 2009-02-26 22:20 | やおろず  

やおろず弐の収録内容について。

 そういえばまだ書いてなかったな。というわけで、やおろず弐の収録内容について。
 詳しいネタバレはありませんが、「予備知識ゼロで読みたい!」という方は、以下スルーでお願いします。

こんな感じのラインナップですよ。
[PR]

# by heijituya | 2009-02-18 23:56 | やおろず