やおろず2発売日+レーベル名企画。

 お知らせです。
・11月発売予定だった「やおろず2」ですが、私の作業上の問題により、延期して「今冬発売」となりました。

~ある日の電話~
私「……冬って、何月までが冬ですか?」
編「……2月……ですかね」

 というわけで2月までには! 頑張りますので!!
 本当に申し訳ありません。遅れているのは百パーセント私が原因です。
 これがもう(環境的な問題ではなく)色々とあって今もまだ原稿と格闘中なのですが、そんな説明をしたところで言い訳にならないので何も言わず、今はただ目の前のできることを一つずつやっていきます。

 ……あっ、でも一つだけ。
 延期を伝えた友だちに言われてぎょっとしたんですが、

友「望まない続編とか書くことになったから、こんなことになったんじゃない?」
「いやいやいや望んでるよ! 楽しんで書いてるよ!?」

 1巻があまりにもスッキリと終わりすぎたので誤解されそうですが、ちゃんと2巻は2巻で最初から構想があるんだよ! 大丈夫だよ、君は望まれて生まれてくるんだよ!<やおろず2
 いや、これ言われてほんとにぎょっとしたので。むしろ書きながら楽しみすぎて困るくらいだ。家神なんか荒神に向かって「あい・らぶ・ふぁいや!」とか言ってるしな。(どんな話だ)


 さてもう一件、こちらは明るいニュース。
 ネット小説シリーズ命名企画!のエントリでもお知らせしたように、ネット小説シリーズ(仮)の(仮)が取れて、正式なレーベル名がつくことになりました。

 そして、そのレーベル名は皆様からの公募なのです!
 詳しくはネット小説シリーズ(仮)ブログの、こちらの記事に、詳細と応募フォームへのリンクがあります。

 レーベル名かあ……。今後はネットに掲載されたもの以外も本になるそうなので、「ネット小説」ではない何かいい感じの名前が投稿されるといいなあ……とサイン色紙に参加させてもらう一作者としてじっとお祈りしておきます。なんかこう、小説の神さまぽいところに。

 どしどしご応募お願いしまーす! サイン色紙はYさんには渡さないぜ☆(えええええ)(というかわたしも欲しい)
[PR]

# by heijituya | 2008-10-10 00:52 | やおろず  

書影リベンジ。

f0182254_20254918.jpg

 ちょっ……と近づいた! 少なくとも最初よりはマシになった!
 それでもこの表紙のときめきは再現できません。10月20日以降、本屋さんでたくさんの人に見てもらえますように。

 この「ワルプルギス~」、小説本文の他にいくつかポイントがあります。
カズアキさんの表紙・口絵・挿絵イラストが素晴らしい。(言うまでもなく)
・著者プロフィールの写真がえらいカワイイ。(もちろん著者の顔ではない)
後書きが7ページもある。

 ……順番に行きましょうか。
 カズアキさんのイラストが素敵なことは一目瞭然で、これまでも表紙画像にじったんばったん、カラー口絵(ミニポスタータイプ)にじったんばったんしてきたわけで、もうここらで耐性もついてきたのではないかと。いくらわたしとて、そろそろ落ち着いてイラストに目を通せるようになったのではないかと。
 そう思っていたのですが、今日初めて挿絵の完成版を見てもっのっすっごくじたばたしました。もえで。

 すっごいかわいい。
 もうどうしようキャーもうどうしようってぐらいかわいらしい。ヒーローが。

 ごめんなさいわたし今まで「自作の男キャラに萌えを感じないようにしよう」と自戒してきたんですが、これは駄目だわ。これはもえだわ。猫耳属性を持たないわたしが堕ちた。本文でさんざん猫っぷりを書いておいてなんですが、ここに来て初めて猫耳男という属性の強さを思い知った。

 家神(やおろず)は耐えられたのに……あれは「かっこいい」タイプだから萌えは未遂で済んだのに!(家神はむしろ燃えです)
 というわけで、書店でこの本に出会ったすべての人が「猫耳・しっぽ・アホの子・えっへん」の四拍子が揃った一枚を見てレジに走り、本文を読みながらラスト付近の挿絵にどっきゅんトキメいてくれればいいよと思いました。あー、すごいもん見た。すごい勢いで堕とされた。猫耳属性という枠に。(さあ新世界だ)

 ……主人公も! もちろんかわいいんだからね!
 カラー口絵の、主人公・魔女の体格や表情の入れ替わりっぷり、対比っぷりにみんな惚れるといい。


 二つめ。著者プロフィールはある意味必見。
 かわいいです。何度でも言います。かわいいです。
 もちろんわたしの顔写真が載っているわけではなく、かといっていつものようなヘボい落書きでもありません。今回はスペシャルです。とうとうヤツが立体になった!
 スペシャルプロデュースは木陰屋のサカキさんです。いつもありがとおおおう!


 三つめ。
 同人誌を出し始めた頃から定期的にいただくコメントに、「日記は本にしないんですか?」というものがあります。ええ、なんだかもうこれまでに何回も「実は小説より日記の方が楽しみだったり……」という喜ぶべきなのか泣くべきなのかわからないコメントをいただいているわたしです。

 そんな「実は小説よりも日記のほうが面白いと思うんだよねー」なお客様に朗報です。
 今回、後書きが7ページもあります。買ってください。
 ……おっとストレートに言いすぎました。小説もあるし、いつものノリのフリートークもたっぷりあるのでぜひ手にとってくださいね☆ よしこれだ。こんな感じでどうですかお客さん。

 なんでこんな量になっているのかは、本の後書きをご覧ください。
 いえね、やおろずの時はページ数の都合上、かなり真面目な後書きとしてまとめたんですけどね、今回はなにしろ尺がありますから。思う存分ボケましたとも。
 本編の紹介が主な内容ですが、ネタバレは一切ありませんので、後書きから先に読んでもまったく問題ありません。


 さて、こんな感じですかね。
 そんな「ワルプルギスの夜、黒猫とダンスを。」は一迅社文庫アイリス様より10月20日発売です!
 10月20日発売です! みなさまよろしくお願いいたします!
[PR]

# by heijituya | 2008-10-09 20:58 | ワルプルギスの夜(略)  

見本誌来たよー!

f0182254_1923499.jpg

 「ワルプルギスの夜、黒猫とダンスを。」の見本誌が届きましたよ!
 うえっへへへへおいちゃんがキレーに写真撮っちゃるけんのう と頑張ってみましたが、腕の悪さと携帯カメラの限界と蛍光灯の光のせいで、大変残念な結果に……。

もっと寄って見てみる。
[PR]

# by heijituya | 2008-10-09 19:15 | ワルプルギスの夜(略)  

「ワルプルギス」のあらすじ。

 一迅社文庫アイリス公式ページに、「ワルプルギスの夜、黒猫とダンスを。」の表紙画像の一部とあらすじがアップされました。
 発売日である10月20日には、表紙画像の全体図と、立ち読みページも掲載されるはず。

 ちなみに一迅社文庫アイリス9月の新刊にはこのレーベルのフライヤー(チラシ)が入ってまして、中には「10月のラインナップ」としてワルプル以下略の紹介もちょろっとだけ載っています。
 短いコピーなのですが、面白かったのでご紹介。

>呪いの赤い靴を履いてしまったルナは、
>猫耳青年&ダンディーな家ネズミと同居することになって…!?


 すっっっっっごい少女小説っぽい!!
 画期的です。ものすごく少女小説ぽく見えるのにまったく嘘をついていない。

 いや、ワルプル(もうこの略称で行く)はわたしが今まで書いた中で唯一にして(※)一番「少女小説!」な話だと思います。何しろネタ出しからして「少女小説ぽいけどそれを逆手に取ってネタにするような話を書こう!」というコンセプトでしたもん。ヒーロー美青年だし。(猫耳だけど)

 少女小説なのでもちろん恋もありますが、どちらかというとメインは女の子の成長物です。
 良くも悪くも(本文が)あまりキラキラしていないので、男性の方もお気軽にどうぞ。ものすごいナイスバディなお姉さまが挿絵でごろごろ出てきますし。あと表紙の主人公の腹チラもかわいくていいですよ。ってすみませんカズアキさんこんな売り出しで。

 詳しい内容についてや、イラストについてはまた後日語ります。


(※唯一にして……「やおろず」は少女小説を書いているというより、「やおろずを書いている」感じなので。ネット小説シリーズさんに拾われる前からの長い付き合いなのでこういう感じに。ちなみにイースト・プレスの編集Yさんからは、恋愛色が薄いことについて「やおろずは治外法権ってことで!」という素晴らしいフォローをいただきました。ありがとうございますYさん。名言すぎます。)(まあ「やおろず2」のテーマはラブですけども。愛でもなく恋でもなくあえてラブ)
[PR]

# by heijituya | 2008-09-21 20:12 | ワルプルギスの夜(略)  

ネット小説シリーズ命名企画!

 開始から一年あまり「ネット小説シリーズ(仮)」と、素晴らしく堂々とした仮名を看板として掲げてきた(※誉め言葉)イースト・プレスさんのネット小説シリーズ(仮)に、正式名がつきますよ!

  まだついてなかったんですよ!

 そう。たとえ九割の人があれが正式名称と思っていても、あくまでもあの名前は世を忍ぶ仮の姿……これから新たに掲げられる名前にはかなわないのです。多分。

 そんな新しい名前は読者さまからの公募という、なんだか面白いことになっていますよ。
 まだ投稿は開始されていませんが、詳しいことは担当編集Yさんのブログにて。
 このブログによると、

>ちなみに、採用された人の中から抽選で1名様に、
>『華鬼』~『wonder wonderful』までの6作品の
>著者さんとイラストレーターさん全員のサインが入った寄せ書き色紙
>をプレゼントいたします。

 ……とのことですよ!
 なんて知らなかったかのように言ってますが、ええ、もちろん知ってました。
 わたくし古戸マチコもシリーズ著者の端くれとして、サインに参加いたします。

 多分色紙の中で一番空気が読めていない、これただの小学生の署名じゃねぇええか! というのがわたしのです。あと魚頭かウサギか仲のいい犬猫か何かをちょろっと描く。そ、そうじゃないと本当にただの下手くそな字だもん! お願いされて泣く泣く親戚の人にサインしたら(恥ずかしい)兄に「わしにも書けるが」って言われたもん!

 まあそんなわたしの個人的な叫びはともかく、どんな名前がつくのか楽しみですので、よろしければみなさまもぜひ考えてみてください。あなたの考えた名前が書店に並ぶかもですよ!
[PR]

# by heijituya | 2008-09-09 19:58 | 雑談など